HOME > 定期借地権付きマンション > 定期借地権付きマンションとは?

定期借地権付きマンションとは?

次世代の新しい暮らしを提案する、定期借地権付き分譲マンション

マンションの購入を検討していると「定期借地権付き」の物件を見ることがあります。
これは、マンションの建物部分は所有し、土地は所有しないという形のマンションになります。
土地の代金が無い分、「住宅ローンの返済を少なくしたい」、「預貯金をあまり減らしたくない」など、居住費をできるだけ抑えられ、また、土地を所有するマンションに比べ、立地の良さ、広い居住空間、充実した設備など、より優れた品質の建物を低コストで購入することができ、高い評価を集めています。
教育・老後資金などさまざまな用途にお金を貯え、活用する現代。新しい住まいのスタイルとして定期借地権付き分譲マンションが注目されています。

■定期借地権

新借地借家法が平成4年(8月)に施行され、地主が安心して借地を提供し、マンションなどの住宅地供給を目的として制定されました。建物は購入者が所有し、50年以上の期間、土地を地主に借りるというシステムです。50年以上の借地期間の満了後は、借主が土地を地主に返還します。土地の貸借や住宅・宅地政策も円滑に行われることが期待でき、有効な制度とみられています。全国の主要地域で定期借地権付き分譲マンションの需要が高まっています。

定期借地権付きマンションと所有権マンションの比較イメージ

定期借地権付きマンションと所有権マンションの比較イメージ画像定期借地権付きマンションと所有権マンションの比較イメージ画像

条件:土地面積・建物規模・グレード・場所ともに同じとする。